2008年06月16日

手足のしびれの起こりやすいタイプ


手足のしびれは、起こりやすい人とそうでない人といるようです。
同じ格好をしていても、手足のしびれがすぐに起きてしまう人も
いるでしょうし、一方で全く問題ないという人もいるのです。

一般的に、血のめぐりが悪くなることによって、手足のしびれという症状が起こる事が考えられています。
つまり、血行不良の人は手足のしびれに悩まされる可能性が高いと
いえるでしょう。
冷え性の女性が増えているようですが、冷え性も血行不良の症状の
一種ですので、手足のしびれになる事もあります。

寒すぎるオフィスで仕事をしていて、指の先がしびれるという経験をしたことがある人などは、酷くなると手足のしびれに繋がる可能性も秘めています。

手足のしびれは、冷えや血行不良によるものであれば、
改善も可能です。
血液の流れを良くして、手足のしびれがおきないような良い状態を
作り上げる事が大切になります。
夏の冷房は気持ちよく感じるかもしれませんが、長時間冷房の効いた部屋に居ると血液循環が悪くなり、手足のしびれの元になる危険性もあります。

オフィスで冷房の効いた部屋に長時間居るような場合には、
手足のしびれがおきないような予防をする事が大切になります。
例えば、足にひざかけを置いたり、カーディガンを羽織って肩を冷やさないようにするだけでも、手足のしびれを予防することができると考えられています。

その他、手足のしびれが他の原因で起こっているケースも考えられます。
例えば、脳梗塞などで血管の一部分が詰まった事により、
手足のしびれが起こっている場合には、早めに病院に行く必要があります。
早めに治療をして、詰まった血管を元通りに修復することで、
手足のしびれの後遺症も少なくなるようです。
また、加齢によって手足がしびれるということも考えられます。
これは、骨や軟骨が変形して、神経を圧迫することにより、
手足のしびれや痛みというような症状が起こるためだからだといわれています。

長い間、手足のしびれに悩んでいるという人は、一度病院を受診して、しっかりと調べてもらうと良いかもしれません。

手足のしびれについては、本や病院での説明も効果的ですが、
ネットを使っても色々な事が調べられます。
インターネット環境が普及した今では、手足のしびれという症状だけでなくその症状がでる病気についても説明している事があるようです。

接骨院でホームページを開設しているような医院では、手足のしびれを詳しく解説しているページもあるかもしれません。
また、実際に治療を受けて、手足のしびれが改善されたというような体験談も、参考になると思います。

posted by te at 14:28| Comment(34) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手しびれと肩こりに見る病気


手しびれは、老若男女問わず誰でも発症する可能性があります。
もちろん、血液の循環が良くない冷え性に悩む人などは、
手しびれが起こる可能性が高いといわれています。

また、老人性の手しびれなどもあります。
さらには、妊娠中に手しびれの症状を訴える患者さんも居るといわれています。
深刻な手しびれを伴う病気としては、脳梗塞が良くしられています。
脳梗塞になった場合には、手しびれという症状が表れるだけでなく、足がしびれることもありますし、手しびれがなくても、
呂律が回らなくなるという事もあるようです。


また、脳梗塞の後遺症として、手しびれが残るという事も考えられます。

手しびれというと、よくある症状なので病気のサインとしては見逃しがちかもしれません。
何度か同じような手しびれを経験しているという人は、一度、
病院で検査や診察を受けてみる方が良いでしょう。
もしかすると、手しびれがある病気の兆候として表れているという
ことも考えられます。

また、五十肩にも手しびれがつきものです。
中には、五十肩になっても手しびれが出ない人も居ますが、
多くの人が同時に手しびれを経験しているようです。
五十肩と言っても、30代でなる人もいますし、普通の肩こりや手しびれだと思っていたら五十肩だったという人もいるでしょう。

元々、血行不良が原因で手しびれは起こるので、冷え性や肩こりに悩んでいる人が多いというのが特徴です。
酷い肩こりで頭痛がしたり、手しびれが起こるという人は、
患部を温めると改善する事もあります。
しかし、また同じ格好をすることによって肩こりになると、手しびれの症状も出てくるので、根本的な治療は肩こりの改善からと考える
方が良いでしょう。

肩こりの解消は冷えの防止と、運動がいちばんだといわれていて、
肩こりが治れば手しびれの症状も軽くなるようです。
ずっと酷い肩こりに悩んでいた人が、肩こりを解消した途端に
手しびれも直ったという話を聞いた事もあります。

手しびれの症状があるという場合には、ネットで自分がどのような
状態にあるのか調べてみると役に立つかもしれません。
インターネットにある情報を集めて、自分と同じような手しびれの症状の人や、その病気を突き止めることによって、
病気の改善を考える事ができます。

慢性的な手しびれに悩んでいる人は、実は肩こりが原因だったというような事も考えられるので、一度じっくりと調べてみると良いでしょう。
病院にかかる前に、自分の手しびれの状態を上手に説明するツールとして、ネットでの記載方法などを見ておくと参考になると思います。

posted by te at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手しびれの原因はさまざま


手しびれで本当に悩んでいる人は、どうにかしてその症状を
改善したいとこですよんねぇ(;ω;)

例えば、同じ姿勢で居る時間が長くて手しびれになってしまったというような場合には、一定期間を経れば、症状は改善します。
それほど心配しなくても、ビリビリした手しびれの感覚も、
気が付いたら元に戻っていたということもあるようです。


しかし、手しびれの状態がずっと続いていると、気持ちが悪いものです。
痛みを伴わない事が殆どですが、皮膚の感覚が鈍感になって、
いつも手しびれだという人は、治療法方や原因について知りたいと
思うのが普通です。
単純な手しびれであれば、一時的な血液循環の不良によって引き起こされているだけなので、心配する必要は余りないといえるでしょう。

ただし、度々同じような手しびれが起こるというような場合や、
ずっと続いている場合にはその裏に危険な病気が潜んでいる事も否めません。

手しびれの中でも、注意しなくてはならないのは、頭痛を伴ったり、
吐き気を伴なったりするものだといわれています。
このような症状は、脳が原因で手しびれになっている事が考えられるからで
す。
脳梗塞になると、ある一部分の血管が詰まってしまうことによって、
手しびれが起こります。
同時に、手しびれだけでなく、足もしびれたり、ろれつが回らなくなってしまう事もあります。
そのような場合には、すぐに救急車を呼んで、手しびれの状態や、
その他の体の状態を説明する必要があります。


しびれる箇所は、人によって、詰まる血管の箇所が違うため、様々だと考えられていて、手しびれと言っても、色々です。
手全体がしびれる手しびれもあるでしょうし、指の一部が動かなくなることもあるようです。
脳神経が支配している部分に影響が出るので、手しびれでも症状は患者さんそれぞれだと言えるでしょう。

手しびれの危険な症状について情報を探しているという人は、
ネットを参考にしてみると良いかもしれません。
インターネットでは色々な情報がありますが、手しびれについても様々な事を知ることができます。
手しびれの状態や、その症状、起きるタイミングなど、
自分の症状と照らし合わせて考えてみると良いのではないでしょうか。


また、よく接骨院や整形外科のチラシで手しびれが改善されたというようなチラシや宣伝がありますが、それらを参考にしてみるのも
一つの方法です。
なかなか自分で原因解明できない症状でもあるので、手しびれで悩んでいるという人は、ネットで調べた上で、病院を受診すると良いでしょう。

posted by te at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手しびれの病気を甘くみないで!


手しびれというと、余り大したことがない症状だと思う人も
多いかもしれません。
ずっと体重をかけたり、寝ている間に手が体の下になっていると、
手しびれが起こるというような事があります。

しびれた感覚の気持ち悪さは、早い人では5分もせずになくなって、
手しびれの症状が消えることが殆どです。
一口に手しびれと言っても、このような単純なものから、
大きな病気の危険性があるものまで考えられます。


良く知られている、手しびれを伴う病気としては、脳梗塞があります。
脳梗塞は、脳の血管の一部が詰まった状態になるため、その影響が手しびれや足のしびれ、顔面のしびれなどという症状として表れます。

手しびれが起こる可能性は、誰にでもあると考えられます。
しかし、危険な手しびれにかかるリスクが高い人としては、
肥満傾向にある人や、妊婦などが考えられます。
妊娠中には、色々な不快な症状が出たり、糖尿病になったり、
様々な体の変化が現れますが、手しびれの症状が表れる事があるようです。

現在、妊娠中で、手のしびれが続いているという人は、
一度主治医と相談してみると良いでしょう。
妊娠の月齢にもよりますが、単に体重が重くなって、手が下敷きになっていて手しびれが起こる場合もありますし、危険を伴う事もあります。
病院を受診する際に、手しびれの起こる条件などを
確認しておくと良いでしょう。

例えば、朝起きた際にいつも手しびれの状態にあるという人も
いるかもしれません。
ある一定の動作や、時間帯、何かをした際には手しびれが起こるという場合には、その条件を記憶しておくとが大切です。

そうすることによって、医師も手しびれの症状がどうして起こっているのか、判別しやすくなると考えられます。
もちろん、単純な手しびれであることもありますが、
意外と放置しておくと危ない病気の一つでもあります。

手しびれと病気の因果関係については、専門書などを読むより、
インターネットを活用すると便利です。
ネットを利用することで、手しびれの症状とそこから考えられる病気を割り出す事ができるようなサイトなどもあるようです。
また、質問サイトを使って、自分の手しびれの状態を相談してみると、同じような症状に悩んでいた人から回答を得る事ができるかもしれません。
メールによる質問を受け付けている病院などに、手しびれの症状について質問してみるという方法もあります。
一人で悩んだり、放置したりするのではなくて、手しびれの原因が何であるのか一度しっかり調べておくと良いでしょう。
posted by te at 14:24| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渋谷の手しびれマッサージ


手しびれの症状は人によって色々です。
例えば、血行不良によって起こる手しびれもあります。
体重がかかった状態が続いていたり、同じ体勢を続けていることによって、手しびれが起こるというような事になります。

また、肩こりが原因で手しびれになることもあるといわれています。
肩には血管や神経が集中しているので、圧迫されて手しびれが起こるようです。
冷え性で悩んでいる人も、手しびれになる事があります。
また、脳梗塞のように大病の症状として、手しびれが現れることがありますので、注意が必要です。
他にも、妊娠中に手しびれの症状が出る人が多いようです。


手しびれの中でも、肩こりに悩んでいる人は、
血行不良である場合が多いといわれています。
冷え性の人は元々、血液循環が良くないため、肩こりも発症しやすく、結果として手しびれという症状に悩む事になるという可能性もあるとのことです。

つまり、肩こりを改善することで、手しびれを治すことができるということに繋がるといわれています。
もちろん、肩こりにならないように、冷えない環境に身を置くように心掛けるというのが、手しびれの基本でもあるようです。
肩こりが原因の場合には、マッサージをすると、手しびれの改善に
役立つという事が考えられます。

渋谷には色々なマッサージショップがあって、フットマッサージや
肩こりに効くマッサージがあるので、手しびれにも良いマッサージが
あると思われます。
マッサージと言っても、タイ式や台湾式など色々あるようですが、
とにかく肩のこりをほぐして血行を良くすることで、手しびれの症状が良くなったという話も耳にしますよ(^ω^)☆

中には、手しびれの症状を軽減させるために、毎週のように渋谷の
マッサージショップに通っているという人もいるのではないでしょうか。

手しびれは、症状がそれぞれなので、自分の手しびれが、マッサージ
で改善されるものかどうか、確かめておく必要があります。
手しびれに悩む人は、改善方法を探している人が殆どなので、
一度渋谷マッサージを受けてみるのも良いでしょう

posted by te at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手しびれと同時に起こる痛みは要注意


手しびれの症状と、足のしびれなどはよくある事なので、
誰でも一度くらいは経験したことがあるはずです。
希に、生まれてこのかた、手しびれになったことがないという人もいるかもしれません。

一口に手しびれと言っても、様々な症状がありますし、
その原因も色々です。
肩こりが冷え性の原因となっている手しびれというのは、血行を良くすることで改善が見込まれます。
また、脳梗塞が原因で手しびれが出た場合には、
早く治療を開始することで、後遺症が残らずに済むといわれています。
他にも、妊娠期に手しびれに悩む人もいるようです。


手しびれと同時に起こる症状としては、頭痛や痛みなどが考えられます。
頭痛も痛みの一つですが、他の痛みとして関節痛などを訴える手しびれの人もいるようです。
特に、肩こりや五十肩になっている人は、肩関節から来る痛みと
手しびれが大きな症状として現れるといわれています。

五十肩の急性期と言われる時期には、手しびれよりも、肩の酷い痛みで眠れないという事もあるようです。
頭痛もそうですが、一時的な痛みを解放するものとして、
鎮痛剤を使用して痛みを調節できますが、手しびれの症状は痛み止めで改善することは難しいでしょう。

痛みというのは、人によって感じ方が違うので、手しびれで悩んでいる人も、激しく痛みを訴える人とそうでない人がいます。
痛みに敏感な人は、手しびれだけでなく、眠れないような痛みに
悩まされていると感じている人もいるでしょう。

普通の肩こりで手しびれになっていても、頭痛や関節の痛みを
感じる人もいます。
それぞれの、痛みの許容量があるので、手しびれよりも痛みに耐えられずに病院に受診するという人も中にはいるかもしれません。

手しびれと痛みの関係について知りたいという人は、ネットを参考にしてみると良いかもしれません。
インターネット上では、様々な情報が公開されているので、
手しびれに関する情報も多く見つかるはずです。
その中から、手しびれと痛みに関する情報を選んで読んでみると、
自分の悩んでいる症状と同じような物があるかもしれません。

また、手しびれで悩んでいる人のブログを見つけたら、痛みに関する記述がないかどうか読んでみると役に立つかもしれません。
他にも、口コミサイトで手しびれに関する質問をしてみるというのも、一つの方法だと言えるでしょう。
一人で悩んでいるのではなく、インターネットを通じて手しびれに悩む人たちとコミュニケーションを取る事も、心の治療として役立つことが考えられます。

posted by te at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手しびれに頭痛が起きたら危険信号


手しびれという症状はよくあるので、一度は経験したという人が
大半ではないでしょうか?
中には、毎日のように手しびれになっているというような人も
いるかもしれませんね。

同じ格好で寝ていたりすると、毎朝手しびれの状態で目が覚めるという可能性も考えられます。
しかし、普通は手しびれがひどくなる前に目が覚めたり、
寝返りを打つなど体位を変えるので、酷い手しびれになることはないでしょう。

老人の場合には、体位を変えることが難しい事が原因で、
手しびれになっている人もいるかもしれません。
また、肩こりに悩む人は、手しびれを発症している事も
良くしられているんです。


特に、冷え性でかつ肩こりが酷いという人は、
手しびれも日常茶飯事で起こっているようです。
しかし、毎日のように手しびれになってしまっているので、肩こりから来る手しびれだということで、放置している人もいるでしょう。

手しびれが起こる人で、肩こりから来る人は、頭痛を併発することがあります。
肩こりが起こるメカニズムは、肩の部分の血行が悪くなることで、
手しびれになると考えられています。
それと同時に、首の筋肉や血行が悪くなり、結果として手しびれと同時に頭痛というような症状が現れるようです。


肩こりだけならまだしも、手しびれに頭痛となると、仕事にならない人も多いかと思います。
症状を改善させようと、マッサージに通って肩こりを治すことで、
手しびれも少しは改善するようです。
頭痛を伴うほど酷い肩こりの人は、手しびれの状態も酷くなっている可能性があります。

肩を冷やさないように心掛けたり、肩を動かすようにする事など、
手しびれにならないように注意することも大切です。
他にも、日常的に運動することで肩の筋肉をほぐしたり、
血行を良くすることで、肩こりを防いで、手しびれにならないようにする予防策も考えられます。

このような肩こりにならないようにすることで、手しびれや頭痛を起こさない、快適な生活を送ることができるようになるのではないでしょうか。
手しびれの症状は人それぞれで、酷い人は手が動かないというような
人もいるかもしれません。
インターネットでは、手しびれに悩んでいる人のブログなどがあるので、参考にして、自分の症状と照らし合わせてみると良いでしょう。

また、病院にかかる際にも、手しびれの症状を的確に表現するという
意味で、ネットで調べた事を元にすると上手に説明できると思います。
ネットを活用して、手しびれと頭痛の関係について調べてみることで、予防策が見つかる可能性もあるので、有効活用してみて下さい。
posted by te at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。