2008年06月16日

手しびれと肩こりに見る病気


手しびれは、老若男女問わず誰でも発症する可能性があります。
もちろん、血液の循環が良くない冷え性に悩む人などは、
手しびれが起こる可能性が高いといわれています。

また、老人性の手しびれなどもあります。
さらには、妊娠中に手しびれの症状を訴える患者さんも居るといわれています。
深刻な手しびれを伴う病気としては、脳梗塞が良くしられています。
脳梗塞になった場合には、手しびれという症状が表れるだけでなく、足がしびれることもありますし、手しびれがなくても、
呂律が回らなくなるという事もあるようです。


また、脳梗塞の後遺症として、手しびれが残るという事も考えられます。

手しびれというと、よくある症状なので病気のサインとしては見逃しがちかもしれません。
何度か同じような手しびれを経験しているという人は、一度、
病院で検査や診察を受けてみる方が良いでしょう。
もしかすると、手しびれがある病気の兆候として表れているという
ことも考えられます。

また、五十肩にも手しびれがつきものです。
中には、五十肩になっても手しびれが出ない人も居ますが、
多くの人が同時に手しびれを経験しているようです。
五十肩と言っても、30代でなる人もいますし、普通の肩こりや手しびれだと思っていたら五十肩だったという人もいるでしょう。

元々、血行不良が原因で手しびれは起こるので、冷え性や肩こりに悩んでいる人が多いというのが特徴です。
酷い肩こりで頭痛がしたり、手しびれが起こるという人は、
患部を温めると改善する事もあります。
しかし、また同じ格好をすることによって肩こりになると、手しびれの症状も出てくるので、根本的な治療は肩こりの改善からと考える
方が良いでしょう。

肩こりの解消は冷えの防止と、運動がいちばんだといわれていて、
肩こりが治れば手しびれの症状も軽くなるようです。
ずっと酷い肩こりに悩んでいた人が、肩こりを解消した途端に
手しびれも直ったという話を聞いた事もあります。

手しびれの症状があるという場合には、ネットで自分がどのような
状態にあるのか調べてみると役に立つかもしれません。
インターネットにある情報を集めて、自分と同じような手しびれの症状の人や、その病気を突き止めることによって、
病気の改善を考える事ができます。

慢性的な手しびれに悩んでいる人は、実は肩こりが原因だったというような事も考えられるので、一度じっくりと調べてみると良いでしょう。
病院にかかる前に、自分の手しびれの状態を上手に説明するツールとして、ネットでの記載方法などを見ておくと参考になると思います。

posted by te at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100705482

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。