2008年06月16日

手しびれの原因はさまざま


手しびれで本当に悩んでいる人は、どうにかしてその症状を
改善したいとこですよんねぇ(;ω;)

例えば、同じ姿勢で居る時間が長くて手しびれになってしまったというような場合には、一定期間を経れば、症状は改善します。
それほど心配しなくても、ビリビリした手しびれの感覚も、
気が付いたら元に戻っていたということもあるようです。


しかし、手しびれの状態がずっと続いていると、気持ちが悪いものです。
痛みを伴わない事が殆どですが、皮膚の感覚が鈍感になって、
いつも手しびれだという人は、治療法方や原因について知りたいと
思うのが普通です。
単純な手しびれであれば、一時的な血液循環の不良によって引き起こされているだけなので、心配する必要は余りないといえるでしょう。

ただし、度々同じような手しびれが起こるというような場合や、
ずっと続いている場合にはその裏に危険な病気が潜んでいる事も否めません。

手しびれの中でも、注意しなくてはならないのは、頭痛を伴ったり、
吐き気を伴なったりするものだといわれています。
このような症状は、脳が原因で手しびれになっている事が考えられるからで
す。
脳梗塞になると、ある一部分の血管が詰まってしまうことによって、
手しびれが起こります。
同時に、手しびれだけでなく、足もしびれたり、ろれつが回らなくなってしまう事もあります。
そのような場合には、すぐに救急車を呼んで、手しびれの状態や、
その他の体の状態を説明する必要があります。


しびれる箇所は、人によって、詰まる血管の箇所が違うため、様々だと考えられていて、手しびれと言っても、色々です。
手全体がしびれる手しびれもあるでしょうし、指の一部が動かなくなることもあるようです。
脳神経が支配している部分に影響が出るので、手しびれでも症状は患者さんそれぞれだと言えるでしょう。

手しびれの危険な症状について情報を探しているという人は、
ネットを参考にしてみると良いかもしれません。
インターネットでは色々な情報がありますが、手しびれについても様々な事を知ることができます。
手しびれの状態や、その症状、起きるタイミングなど、
自分の症状と照らし合わせて考えてみると良いのではないでしょうか。


また、よく接骨院や整形外科のチラシで手しびれが改善されたというようなチラシや宣伝がありますが、それらを参考にしてみるのも
一つの方法です。
なかなか自分で原因解明できない症状でもあるので、手しびれで悩んでいるという人は、ネットで調べた上で、病院を受診すると良いでしょう。

posted by te at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100705409

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。