2008年06月16日

手しびれと同時に起こる痛みは要注意


手しびれの症状と、足のしびれなどはよくある事なので、
誰でも一度くらいは経験したことがあるはずです。
希に、生まれてこのかた、手しびれになったことがないという人もいるかもしれません。

一口に手しびれと言っても、様々な症状がありますし、
その原因も色々です。
肩こりが冷え性の原因となっている手しびれというのは、血行を良くすることで改善が見込まれます。
また、脳梗塞が原因で手しびれが出た場合には、
早く治療を開始することで、後遺症が残らずに済むといわれています。
他にも、妊娠期に手しびれに悩む人もいるようです。


手しびれと同時に起こる症状としては、頭痛や痛みなどが考えられます。
頭痛も痛みの一つですが、他の痛みとして関節痛などを訴える手しびれの人もいるようです。
特に、肩こりや五十肩になっている人は、肩関節から来る痛みと
手しびれが大きな症状として現れるといわれています。

五十肩の急性期と言われる時期には、手しびれよりも、肩の酷い痛みで眠れないという事もあるようです。
頭痛もそうですが、一時的な痛みを解放するものとして、
鎮痛剤を使用して痛みを調節できますが、手しびれの症状は痛み止めで改善することは難しいでしょう。

痛みというのは、人によって感じ方が違うので、手しびれで悩んでいる人も、激しく痛みを訴える人とそうでない人がいます。
痛みに敏感な人は、手しびれだけでなく、眠れないような痛みに
悩まされていると感じている人もいるでしょう。

普通の肩こりで手しびれになっていても、頭痛や関節の痛みを
感じる人もいます。
それぞれの、痛みの許容量があるので、手しびれよりも痛みに耐えられずに病院に受診するという人も中にはいるかもしれません。

手しびれと痛みの関係について知りたいという人は、ネットを参考にしてみると良いかもしれません。
インターネット上では、様々な情報が公開されているので、
手しびれに関する情報も多く見つかるはずです。
その中から、手しびれと痛みに関する情報を選んで読んでみると、
自分の悩んでいる症状と同じような物があるかもしれません。

また、手しびれで悩んでいる人のブログを見つけたら、痛みに関する記述がないかどうか読んでみると役に立つかもしれません。
他にも、口コミサイトで手しびれに関する質問をしてみるというのも、一つの方法だと言えるでしょう。
一人で悩んでいるのではなく、インターネットを通じて手しびれに悩む人たちとコミュニケーションを取る事も、心の治療として役立つことが考えられます。

posted by te at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。