2008年06月16日

手しびれに頭痛が起きたら危険信号


手しびれという症状はよくあるので、一度は経験したという人が
大半ではないでしょうか?
中には、毎日のように手しびれになっているというような人も
いるかもしれませんね。

同じ格好で寝ていたりすると、毎朝手しびれの状態で目が覚めるという可能性も考えられます。
しかし、普通は手しびれがひどくなる前に目が覚めたり、
寝返りを打つなど体位を変えるので、酷い手しびれになることはないでしょう。

老人の場合には、体位を変えることが難しい事が原因で、
手しびれになっている人もいるかもしれません。
また、肩こりに悩む人は、手しびれを発症している事も
良くしられているんです。


特に、冷え性でかつ肩こりが酷いという人は、
手しびれも日常茶飯事で起こっているようです。
しかし、毎日のように手しびれになってしまっているので、肩こりから来る手しびれだということで、放置している人もいるでしょう。

手しびれが起こる人で、肩こりから来る人は、頭痛を併発することがあります。
肩こりが起こるメカニズムは、肩の部分の血行が悪くなることで、
手しびれになると考えられています。
それと同時に、首の筋肉や血行が悪くなり、結果として手しびれと同時に頭痛というような症状が現れるようです。


肩こりだけならまだしも、手しびれに頭痛となると、仕事にならない人も多いかと思います。
症状を改善させようと、マッサージに通って肩こりを治すことで、
手しびれも少しは改善するようです。
頭痛を伴うほど酷い肩こりの人は、手しびれの状態も酷くなっている可能性があります。

肩を冷やさないように心掛けたり、肩を動かすようにする事など、
手しびれにならないように注意することも大切です。
他にも、日常的に運動することで肩の筋肉をほぐしたり、
血行を良くすることで、肩こりを防いで、手しびれにならないようにする予防策も考えられます。

このような肩こりにならないようにすることで、手しびれや頭痛を起こさない、快適な生活を送ることができるようになるのではないでしょうか。
手しびれの症状は人それぞれで、酷い人は手が動かないというような
人もいるかもしれません。
インターネットでは、手しびれに悩んでいる人のブログなどがあるので、参考にして、自分の症状と照らし合わせてみると良いでしょう。

また、病院にかかる際にも、手しびれの症状を的確に表現するという
意味で、ネットで調べた事を元にすると上手に説明できると思います。
ネットを活用して、手しびれと頭痛の関係について調べてみることで、予防策が見つかる可能性もあるので、有効活用してみて下さい。
posted by te at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。